子供とおでかけ「鎌倉・江ノ島」を一気に楽しんじゃおう!家族でプチ旅行気分

お出かけ

こちらの記事では、子連れ家族旅行やお出かけスポットを実際に訪れた経験からご紹介しています。

今回は、鎌倉・江ノ島エリアを日帰りで一気に回れるプランのご紹介です。

鎌倉に行ったら絶対に寄る場所はこの3つです。

鳥居が印象的な鶴ケ岡八幡宮


鎌倉駅からの大きな鳥居と参道が立派。

目の前に立ちはだかる階段。

鎌倉にある鶴岡八幡宮は、鎌倉時代に創建された歴史的な神社です。

鶴岡八幡宮は、鎌倉時代の武家政権が築いた鎌倉幕府の時代背景とも関係が深く、鎌倉の象徴的存在です。

多くの武将や武家の信仰の象徴となりました。

鎌倉市内に広がる豊かな自然環境の中に位置していて、参道を進むと、青々とした木々や美しい庭園が広がり、訪れる人々に癒しと安らぎを与えてくれます。

特に、春には桜の花が咲き誇り、秋には紅葉が美しい景色に彩られます。

重要文化財に指定されている建造物もあり、代表的なものとしては、本殿や拝殿、楼門などがあります。

これらの建物は、鎌倉時代の建築様式を取り入れていて、その美しさと歴史的価値は訪れる人々を魅了します。

季節のイベントが開催されていますが、「鎌倉まつり」は、毎年9月に開催される祭りで、鎌倉の歴史や文化を体験することができます。

また、初詣や節分など、季節ごとに行われる行事もあり、日本の伝統的な祭りを楽しむことができます。

パワースポットとしての人気で昔から厄除けや開運のパワースポットとしても知られています。

たくさんの人が心の安らぎや願い事をしに参拝されています。

観光客だけでなく、地元の人にとっても大切な存在で、鎌倉の歴史や文化、美しい自然と結びついた特別な場所です。

鎌倉の大仏


拝観時間に注意。

お土産売り場も充実。

鎌倉の大仏は、日本の鎌倉市にある仏教の仏像であり、鎌倉時代の代表的な観光スポットの一つです。

以下に、鎌倉の大仏の魅力をいくつかご紹介します。

鎌倉の大仏は、1252年に建立された銅造の大仏像であり、鎌倉時代の仏教文化の象徴です。

長い歴史を持っており、当時の技術や芸術の粋を結集した仏像は日本の仏教美術の重要な遺産とされています。

鎌倉の大仏は高さ約13.35メートルで、重さは121トンもあります。

この巨大なサイズは迫力と存在感があり、優れた彫刻技術によって細部まで精巧に作り込まれている様子には感銘を受けることでしょう。

特に、顔や手の表情は穏やかで優雅な印象を与え、仏像の内面の平穏さと智慧を感じることができます。

周囲には緑豊かな自然が広がり、季節ごとの美しい風景が楽しめますし、大仏の周辺は静寂な雰囲気があり、訪れる人々に心安らぎを与えてくれます。

アクセス方法は、鎌倉駅からバスで約10分ほどの距離に位置しています。

鎌倉の大仏は、その歴史的な価値、巨大さ、美しい表情、そして周囲の環境の美しさなど、多くの魅力を持っています。

訪れる際には、仏像の威厳と歴史の重みを感じながら、鎌倉の素晴らしい景色と文化に触れてみてください。

小町通りで食べ歩き


「湘南鎌倉コロッケ」の揚げたてコロッケとメンチは絶品。

お店の奥に座るスペースがあるので、座ってゆっくり食べることも食べ歩きすることもできます。

常に揚げたてが用意されていて、一番おいしいタイミングを楽しむことができます。

江ノ島で過ごすなら、海もいいけれど食べ歩きを楽しめます!

並んでも食べたいタコせんべい!

大きなタコせんべいは、江ノ島を訪れたら一度は食べてみたいメニューの一つではないでしょうか。

パリっと1口ほおばると食感と味わいに、2口目、3口目と進んでしまいます。

エッグスンシングス湘南江ノ島店

行列のできるエッグスンシングス湘南江ノ島店は、ちょっとハワイを彷彿とさせる雰囲気で何といってもホイップがたっぷり乗ったパンケーキは絶品。

少し塩味を感じる記事はホイップやフルーツとの相性ピッタリ。

見た目のボリューム感に比べてペロッと食べきれてしまう軽さもあります。

パンケーキだけでなく食事メニューも豊富で、ロコモコやエッグベネディクトを始め、オムレツやサラダ等、お食事からデザートまで楽しめます。

お得なセットや期間限定のメニューもあり、いつ訪れても新しい発見があります!

ハワイのコナコーヒーとハワイのパンケーキの組み合わせで海外気分を味わってみてはいかがでしょうか。

海岸の夕暮れと波


なんといっても江ノ島の海岸の景色。

夕暮れの景色は空のグラデーションがとてもきれいです。

浅い岩場ではカニが見つかるかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました